<< はじめてのおつかい3 | main | ヤカン vs T−FAL >>

群馬県庁

「群馬県庁」




日本一周のときに一番最初に訪れた県庁。


群馬県庁は僕にとってかなり思い出深い県庁のひとつだ。


その群馬県庁にこのこのあいだの1月4日の仕事はじめの日に久々に行ってきた。


9か月ぶりの群馬県庁。


当たり前だが何も変わっていなかった。





日本一周の旅中によく僕は県庁に訪れたら「○○県といったらなんですか?」という質問をしていた。


だけどあれは47都道府県全部で聞いたわけではない。


実は九州あたりから聞き始めたのだ。


最初のころは県庁に行く日は土日祝日といった休みの日を狙って行ってた。


理由はこの群馬県庁で味わったのだが駐車がとてもめんどくさかったのだ。


最初の目的は写真だけ撮ってサヨーナラだったからわざわざ県庁の駐車場に入れたくなかったわけだ。


だからあえてガラガラスカスカな休みの日を狙ってたのだ。


今思えばせかっくだから全部の県庁で聞いてくればよかったなーと思ったりもするが。


そしてこの群馬県庁も聞いてなかったので、久々に聞いてみた。




「すみません。今日本一周中で全部の県庁をまわって質問をしているんですけど、群馬県といったらなんでしょうか!?人でも食べ物でも観光地でもなんでもいいので、コレだっていうものをひとつあげるとしたら。」

 

ちなみにこれいつも僕が聞くときに必ず言っていた台詞。


もちろん旅は終わってるんだけど、久々に旅人に戻った気がして少し嬉しくなった。






そしてその受付のお姉さん曰く、群馬といったら「草津」だって。


なるほど。


でもたしかにそうかもしれない。草津は全国区だし。





そして群馬県庁の展望台の32階(たしか)に直通のエレベーターで行ってみる。


群馬県庁は東京都庁に次ぐ、全国で2番目に高い県庁なのだ。(ちなみに3番は茨城県庁)


そして展望台から見下ろす関東平野はなんとも見晴らしがよく、ずーっと見ていても飽きないくらいの素晴らしい景色だった。


前茨城県庁いったときにも思ったが、まわりが高いビルだらけの場所にある東京都庁や東京タワーから見下ろす景色より、高い建物がなんにもない茨城県庁や群馬県庁から見下ろす景色のがいい景色に思える。


この群馬県庁に下に池のある公園があるのだが、この池が変な形しているなーと思って何気なく見ていたら気づいたのだが、群馬県の形をしていた。


県庁に上った人にしか分からないこの形。いいじゃん群馬県。


ちなみに奥にある山が僕の大好きな赤城山です。



一望





久しぶりに訪れた県庁。


やっぱり県庁はいいねぇ。


特にこの群馬県庁は僕にとっての旅の原点といっても過言じゃない場所だ。



なんだか少しだけ旅が懐かしいと思ってしまった小旅行だった。







そしてそのことを真面目にブログに綴ってしまった。


ま、いっか。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM