<< 2時50分 | main | 日本一周日記反響ベスト5 >>

さらりーまん

小さいころから僕はサラリーマンには絶対なりたくなかった。


まず最初にスーツを着たくなかった。


というかネクタイをしたくなかったのが近い。


(もちろんネクタイしないサラリーマンもいっぱいいるが。)


サラリーマンは、上司、会社にペコペコしなくてはいけないというイメージがあり、それが嫌で嫌でしょうがなかった。



それと「学歴社会」というのが嫌で嫌でしょうがなかった。


今はそうではないとこもあるんだろうが、やはりサラリーマンのイメージは「年功序列」に「学歴社会」だ。







(ちなみに「メガネをかけた痴女の社長秘書」のイメージもある。ある種のビデオの影響か。)









歳が上なら偉い。


いい大学を卒業してれば給料がいい。










僕はどーにもそれが性に合わなかった。





絶対なりたくないと思っていた。








だけど今僕は実際サラリーマンだ。


ネクタイ締めてオフィスで仕事。





というのとはまったかけ離れた仕事だが、ある会社に属してサラリーをいただいているという時点でサラリーマンになるのだろう。




あんなになりたくなかったサラリーマン。







実は無理になる必要がなかったサラリーマン。






ではなんでなったか。









それはもちろん修行のため。


それに若いうち一度は大きな企業に属すという経験は必要だと思った。







男だしプライドあるし誰彼かまわずへコヘコなんてしたくない。


黒人のラッパーみたいに、「オレが一番!!」と声高々に主張したい。


それで実際一番になれればかっこいい。


誰もが納得できる男になれたなら偉そうにしていいと思う。






だけど僕はそーいう星の下に生まれていないことはなんとなく知っている。



なんだかんだ僕は努力して成功をもぎ取るタイプだと思うのだ。







何度も言うが「オレが一番!!誰の下にもつかないぜ!!」と言いながら実際一番になったらかっこいい。




そうなったら本当にカリスマ性がある天才だと思う。






しかし、一番ダサいのが「オレが一番!!誰の下にもつかないぜ!!」と口では言っといて実際そうではなかったやつ。



ただのプライドの高いくそやろー。








だからそーいう奴になりたくなかったから、僕は技術力。そして一番は精神面を鍛えるために上京した。


将来絶対自分の店を持ったときにこの「修行」という経験をしたかしてないかでは絶対違うと思ったからだ。






だけどやはり待っていたのは予想どうり、想像どうりにサラリーマンの世界。





上司ばんざい。理不尽ばんざい。学歴社会ばんざい。





上司が「カラスが白」といったら、もちろん反抗はしてはいけない。


自分より仕事できない年下の大卒の同期が大幅にサラリーをもらっている現状。










「そんなん我慢して耐えろ。それが社会だ。」








皆が皆、口を揃えてそう言う。










だけど、まだまだその理不尽さに納得がいかない自分がいる。



そこを鍛えるために上京してきたのはもちろん分かっているのだ。










はぁーまだまだ修行が足りないな・・・。



サラリーマンはみんなこれに耐えているんだから偉いな。





てか、なんか愚痴っぽくなってしまったな・・・。








でもこのままでは納得いかない僕は早く意見を言えるよう仕事を覚えるために休みの今日も職場に行く。





















でもひとつだけ上京してサラリーマンの世界を見てよかったことがある。








この悔しさ。







将来絶対バネになる。








さて、サラリーマン金太郎でも見るとしよう。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM