<< 4月16日 | main | れもん >>

ちぇんじ

最近ようやく龍馬伝が面白くなった。


各出演者の演技にも馴れてきたっていうのもあるんだろうけど、話じたいがようやく面白くなってきた。


このあとに土佐勤皇党に待ち受ける悲劇、そして龍馬の飛躍。


これからも目がはなせない。


そーいや岡田以蔵演じる佐藤健も意外に悪くはなかった。


正直最初は以蔵さんを佐藤健が演じるなんてありえないって思っていたけど、なかなかはまってるかもしれない。


そーいえば誰が演じるかで、とても気になってるやつがいる。



そいつは長州藩士、高杉晋作だ。


龍馬に負けず劣らず人気者。


僕ももちろん大好きだ。


あの破天荒な男を演じる男は誰なんだろう。


もう決まってるんだろうな。


でも、僕はあいつに演じてほしくてしょうがない。


分かる人には分かってもらえるかもしれない。


そいつはズバリ窪塚洋介。


一度思い込んだら、晋作は窪塚しか合わないじゃないかとさえ思ってきた。


でも、もう発表されてんだろうな。


てか、もうそろそろでてきてもいいんじゃないかな。


もしかしたら見逃した話に出てきたんかな。



そーいえば、まったく話変わるが東京(正確には神奈川)に引っ越してきて3ヶ月。



ようやく今の住家にも馴れてきたところ。



特急停まる駅だし、駅まで徒歩4分だし、キッチン広いし、変な造りだから隣の部屋とあたってる部分少ないから騒音も気にならない。


それに誰に言っても必ず驚かれるほど安い家賃。



全てにおいても完璧に近い住家。



最高の住家。







どーやら早くも引っ越すことになりそうだ・・・。






めんどくせぇー・・・。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM