<< 6月3日 | main | 旅して変わったこと >>

バトン

昨日、今日と実家栃木に帰った。




昨夜は久々にマスター、のりちゃんの居酒屋に行き、地元の友達みんなきてくれて大笑いしながら楽しく飲めた。




そしたら僕が14日誕生日だったというのでおごってもらってしまった。みんなありがとー。






昼間は友達の赤ちゃんが産まれたのでスタイを買って会いに行ったり、そのとき一歳になった姪の服を金ないくせに、思わず可愛くて衝動買いしたりと色々用事を済ませたりした。





ってか子供服って高いな。ブランドの服だからしょうがないけど。




けど、あれを着ているところを早く見たいと思う親心。




って親じゃねーけど。








そんな色々な用事の中一番会いたい友達に今日午前中に少し会ってきた。





その友達は7月から1ヶ月だけチャリダーとなり北海道を旅するらしい。




初めてのひとり旅らしく、まだ何もかも分からない状態。




家に行くと真新しいキャンプ用品や、旅の道具などが買いそろえられていた。




時間があまりなかったので少ししか話せなかったが、期待と不安がいりみだれるそんな友達を見てとても懐かしい気持ちになった。






僕も去年の4月は全く同じだったな。





旅出る前、ちゃんと旅出来るのか、ちゃんと生きていけるのかととにかく不安だった。




だけど、ふとボーッとするといつも「まだ見ぬ日本」を想像してひとり興奮していたりした。




あのころの僕を少しだけ思い出した。







実はそんな友達から旅出ると聞いてずーっと渡そうと思っていたものがある。




それは雑誌ツーリングGO!GO!だ。





旅好きな人で特にライダーならみんな知っているだろう。




そんな旅人にとってバイブル的存在な雑誌のひとつ。





実際僕も去年三ヶ月も北海道を旅して色々な場所に行ったが、ほぼこの雑誌を見て行動していたくらい、凄く長期間旅する人にはありがたい情報がいっぱい詰まった雑誌。





だけどなかなか売ってなくてようやく新宿の紀伊國屋書店で発見したのだ。





では、なんでこの雑誌をプレゼントしたかというと、実は僕も旅中にこの雑誌をある人にプレゼントされたのだ。







旅して僕が強く思ったこと。







「知識や情報は最大の武器」










旅の先輩だったその人からいただいた、ありがたい情報がいっぱい詰まった雑誌。






そしてそれ以上にその先輩の気持ちのこもった特別な雑誌。













僕も新たに旅を始める後輩にこれを受け継いだ。












なんかちょっと偉そうだが、一応僕は旅経験がある先輩。






この雑誌を見て楽しく、そして無事に旅をしてきてほしいと心から願う。










そして彼も無事旅終えて帰ってきて、いつか同じようにまた旅に出る次の世代の後輩へと「知識と情報」を受け継いでいってほしい。

















なんだか準旅人のくせに偉そうなことを言ってしまったなー。







まぁでも本当に旅を楽しんでほしい。












あーオレも夏の北海道行きてーなー!!

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM