<< 私は今年からサラリーマンです | main | 初の社員旅行2 >>

初の社員旅行

前のブログでも書いたが、今週の月、火曜日で山梨に社員旅行に行ってきました。


こーいった社員旅行っていうのは初めての体験で、最初から楽しむものではなくて、仕事と思ってハードルを下げていったのでそれなりに楽しめた。


まず最初新宿に集合して皆でバスに。


乗るや否やとりあえず前の席からビールやチュウハイといった酒がまわってくる。


もちろん僕は断るわけもなく朝っぱらからビールを飲みまくる。


相変わらずの晴れ男ぶりで天気は快晴で最高の行楽日和に恵まれる。


まず最初向かったのは山梨の何処か(カメラなど記録するものを持っていっていないため覚えていない)にあるワイン工場。


ここで(超)簡単にワイン工場をぐるっとまわり試飲ワインを色々いただく。


甘口、渋め、赤や白といった色々なワインを一口ずつ飲める機会なんてなかなかないので色々飲ませてもらった。


でもやっぱ甘口は僕はダメですね。



ジュースを飲んでいるみたいで喉が甘ったるくなり気持ち悪くなる。



そしてお口なおしにすぐ隣にあるバーベキュー場で肉やら野菜やらを焼きながらビールをいただく。


このとき男女2,2の4人班に分かれたのだが、これは一番最初バスに飲む前にクジを引いたのだがこの後にやるボーリングの班でもあるらしい。



なんだか行事がいっぱいありそうだなと思いつつ同じ班の人と交友を深めていく。



ちなみに今回の旅行自分の会社なんだから上司や先輩といった知り合いばっかだと思われるかもしれないが実はそうではない。



今回のメンバー8割くらいは初対面。



詳しくはめんどくさいので説明しないがうちの会社はそこそこ大きな会社なので、社員数はそこそこいるし、その下のバイトの人とかを合すとすごい人数になる。


社員だけだが旅行もいっぺんには行けないため3班に分かれて日程をずらし行っているのだ。


そんなんだから最初は同じ会社の人間といえど知らない人だらけだし、そーいうのが苦手だからめんどくさいなーと思っていたが、やはりそこは同じ会社の人間。



色々行事をやったり酒を飲んだりしていくうちに(酒が一番だが)徐々に皆交友を深めあっていく。



ちょっと端折ったがこのあとそのメンバーでボーリングやったり、汗を流しようやく宿泊場所の山梨県の山奥にある秘境の温泉宿に向かう。


その秘境温泉に行くまでの道が今年の夏に土砂崩れにあい、バスが通れないため、途中でマイクロバスに人数を分けて乗り継ぐという不安を抱えつつ着いた温泉宿はビックリするくらい豪華でなぜこんな超山奥にこんないい旅館を建てたんだと聞きたくなるくらいの宿だった。


まるで去年北海道で旅で知り合ったおさかなくんと一緒に行ったヌプントムラウシ温泉並みに、なぜこんなとこにこんな旅館を建てて失礼な話清算は立っているのかと心配をしてしまうほどである。



そして僕が一番楽しみにしていた温泉にさっそく入ることに。



今年1月に東京に出てきてから、僕はずっとシャワー生活。


こんなに足を延ばして肩までゆっくり温泉につかることが気持ちいいと感じることはなかなかないなー。



やはり去年毎回日本全国の温泉に入っていたのはなかなか贅沢なことをしていたんだなーと改めてかんじるのであった。




そしてそのあとの宴会。



めっちゃくっちゃ豪華な食事に下鼓を打ち、一人ひとりにお酌をしに行き交流を深め、昼やったボーリングの結果の賞金やビリの罰ゲームなどをやったりし、2次会のカラオケに。


まぁ新人だから歌わされることは想像していたので、こーいうことは早めにやってしまおうと思い、さっさと歌ってしまうことに。


だけどこのカラオケがものすごい盛り上がり、ほぼ全員歌って踊り、最後は全員で肩を組んでゆずの「栄光の架け橋」を大熱唱。


自分もそうだが普段見られない姿が垣間見れいい時間だったのではないかと思う。



といってもやはり一日上司や職場の人と一緒にいると疲れる。



一日ずーーーーっと酒を飲んでいたわけだがまったく酔うことは出来なかったのが、一日心のどこかで常に緊張していたのを物語っているようだった。



2次会までは強制参加なので参加したがそれ以降は飲みたい奴は飲む。


温泉入りたい奴は入る。


寝たい奴は寝ると自由な時間。


幹事の部長が「3次会は幹事部屋でやりますので、まだ飲み足りない人は是非きてください!!」と言っていたが、申し訳ないが、













誰が行くか!!












である。



さすがにもう自由にしてくれと言わんばかりに僕は急いで部屋に行き、ビールを飲み、ゆっくり露天風呂にでも行って山梨の綺麗な星空でも見てこようかなと思っていた。




・・・が、なぜか僕の部屋にどんどん人が入ってくる。






なにこれ部屋間違えた・・・!?







と思っていたが、とんでもない。






僕が寝る部屋だったのだ。








そう僕の同室には幹事の部長がいたのだ。







つまり僕がゆっくり出来ると思っていた部屋 = 3次会の会場だったのだ・・・。







途中社長もノリノリで来てしまい、まぁもちろん一番下っ端な僕にはこの3次会の出席拒否なんて出来るはずもなく、超眠いのに、3次会が終わるまで眠ることはできるはずもなく、3次会でくだらない話を皆がしている中、僕はというといくら仕事といえど、今日の勤務時間長いなーと一人ずっと考えていたのである。





宴は竹縄なんて言葉あるわけなく、そんな宴は深夜まで続いたのである。






つづく


コメント
確かにわざわざ部屋を訪ねて行ってない。
部長さんと同部屋だなんて強運。
この幸せ者っ。

なによりも続きが楽しみです。
  • tama
  • 2010/11/12 12:28 AM
tamaさん>

運がいいのか悪いのかってかんじですね。

続きそんな楽しみにしないでください(笑)
  • moji
  • 2010/11/13 5:04 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM