<< 一夜明け | main | シアワセ >>

日本と言う国

ニュースで大々的に流されている通り、計画停電の影響で首都圏の電車は急きょほとんどが運休になり、走っている電車も一定区間だったり、電車の数減らしたりと、またしても東京がパニックになった。



僕もその一人。


僕は昨夜深夜にその事実を知り、朝になってもその事実は変わらず、とりあえず駅に行っても、もちろん電車走っているはずなく、タクシーバス待ちの大行列。


道は車やバイクで大渋滞。



汗だくになり歩いている人もいた。




まさにこのあいだの金曜とまた同じ光景が目の前にあった。



ただしこのあいだと違うのは、この間は帰ってこれないで、今回は職場に行けないってこと。



どっちにしろ首都東京は電車が動かないってことだけで大パニック。




やはり東京はもろい。








どうにか僕も行こうとしたが、急きょ上司から電話があり、万が一来ても帰れなくなる可能性があるということで自宅待機に。



スーパーに行ってみたら、本当にビックリするくらい品物がない。



米、水、カップラーメン、缶づめ、パスタ、パン、その他もろもろほとんどない。



しょうがないから、少ない食材と、とりあえずおなかいっぱいになるならとお菓子を買った。







そして、もちろん僕の住んでいる地域も計画停電のエリアに入っているから、停電に備える。



夜にはまた連絡あり、明日、明後日の仕事が休みになった。



なんと気付けば6連休。




さすがに働きたい。家にじっとしているのも辛い。けど電車は動いていない。



まるで陸の孤島だ。








だけど、津波があった被災地の方のことを考えると、何百倍、何千倍もましだ。



被災地の方のことを考えればこんなことなんていくらでも耐えられる。








もちろん僕以外もこの非日常すぎて毎日毎日、あり得ない状況が続いても皆










「被災地の方に比べたら」








「これしきのことで少しでも電気がもつのなら」








っていう気持ちをみんなもっているのだろうと思う。



だから、人々から文句の声とかもあまり聞こえてこなかった。








今はみんなが一つになってこの危機を乗り越えるとき。







やっぱり日本人は真面目で情に熱く素晴らしい。







僕は日本人で改めてよかったと思う。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM