<< 竹とろくろと嘘つきと | main | あけましておめでとうございます。 >>

タビ

この間社員旅行にいってきた。


何故か今年も山梨に行ったんだが、その山梨の風景をバスの車窓から眺めているとき日本一周の旅に出た当初や出る前のことをふと思いした。



別に旅中思い出に残った場所に行ったわけではない。



寄ってはいないが、日本一周中に関係するといえば車窓から道の駅なるさわが見えたくらい。







ただそれだけ。



ただそれだけだ。








けれども少しだけ、旅当初のことを思い出した。










なんだか、思い出と言うのは不思議だ。



誰でもなく、自分がやったことや、見てきたものが記憶となっているのに、何故か時間がたつとオレの、オレだけの記憶なのにまったく違う目線でその記憶を見ていたりする時がある。



自分自身のことなにに気付けば他人目線の記憶を見るようになり、そしてそっと気付かないうちに忘れてしまうのだろう。










二年前の今日僕は日本一周の旅から帰ってきた。



約7ヶ月間というとても「濃い」、けれども「あっという間」の旅だった。



色々な人に出会った旅だった。色々なものも食べた旅だった。色々な経験もした旅だった。



でも良いことばかりではなく、当初慣れるまでは孤独との戦いの旅だった。逆に前半は何も食べない空腹との戦いの旅だった。そのせいで目に入るすべての試食とか食べまくって鹿児島で食中毒に侵される旅だった。








でもそれもこれも、すべて僕の日本一周の旅だ。







今ではその辛かったこともすべて良い思い出になりつつあるが、僕にとっては今でもこれからも、とても大事な大事な思い出。






旅から帰ってきた時も、あっという間だったな。と思っていたが今はその日から2年もたつ。



だけれども寂しいものでもっとあっという間に少しづつ少しづつ、あのときの思い出も消えていくのだろう。




そして今回みたいにふっと何かのきっかけで思い出すのだろう。












今冒頭でも書いたが旅出る前や出た当初のことを思い出した。





旅に出る前一生懸命、今すぐ旅したい欲求を、日本一周の先輩のリアルタイム日記を見たりして、押さえていたあの日。



けれどもその日記を見ることによって余計今すぐ旅したい欲求に駆られていたあの日。




たいして家具もない無機質な僕の部屋で先輩の日本一周日記を見ていると自分もそこに行っているかのような気分になれ毎日毎日、その無機質な部屋でドキドキしていた。





しかし、もちろん旅出る前「日本一周するぞ!!」って自分のなかで意気込んでいたのだが、実際出る前は前日まで「おれ、本当に日本一周するの?日本一周出来るの?」って疑心暗鬼だったのを覚えている。



やる前ってなんでだか、めちゃくちゃ壁が高く見える。
けれどなんでもそうだが、いざ登ってみると夢中になって意外に登れてしまうものだ。







旅も同じ。





出発前夜、眠れず布団の中で明日から「冒険」がはじまるとドキドキしていた。







僕も先輩から色々情報を頂いた。




逆に僕の日記を見て「日本一周したい」と思ってくれればなーとよく思っていた。









人から人へ紡ぐ。
















今日久しぶりに利尻の昆布バイトでお世話になった父さん母さんに電話してみた。


久しぶりに聞く声でとても懐かしかった。


けれど相変わらず父さんの言葉の8割以上はナニ言っているかワカラナカッタ。




よくそんななか1カ月以上もひとつ屋根の下で楽しく暮らせていけてたなーと思う。





でもお元気そうでなによりだった。









旅中に出会った人は皆今何処にいるのだろう。



今何をしているのだろう。




皆さん元気にしているのだろうか。







なんだかとても会いたくなった。

















いろんなことを思い出した、今日11月14日。








僕は元気です。




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM