<< タビ | main | 半年ぶりブログ >>

あけましておめでとうございます。

2012 あけましておめでとうございます。


昨年は色々とお世話になりました。


気付けばあっという間に年が開けちゃいましたね。


去年は色々と大変な年だったので、今年はいい年になればいいなと思う次第です。




















とかいう文章で始まるブログを書けるのは2週間前までである。


「気付けばあっという間に年が開けちゃいましたね。」とか言っていたが、気付けばその台詞を言おうと思っていたらそれからもうすでに半月もたってしまっているわけで、改めて言わせてほしい。





そして意味なく字を大きくして言わせてほしい。



もう一度言うがただ意味なく言わせてほしい。





















「ときが経つのは本当に、









光陰矢のごとし










である。」



















さて、言いたいことも言えてスッキリしたそんな僕の新年の挨拶もろくに出来なかった言い訳はというと、








もちろん色々忙しかったからである。






って一言でいうとそんなかんじなのだが、本当に色々あったのである。






まず、どこもそうだと思うのだが、まぁ12月がめちゃくちゃ忙しかったわけで、もちろん31日まで仕事で睡眠時間も本当に2〜3時間とかが続いたりしたわけだ。



そんなんだからただでさえ忙しいのに、流行りの風邪をひいてしまったりで、本当に心身ともに余裕がなかったのだ。



その後元日だけ休みだったのだが、なんだかあんまりしっかり休めずそこから1月の7日まで連勤だった。










で、その後僕は会社を退職した。













いきなりだが実はそうなのだ。





僕は退職したのだ。



まぁ詳しい話は書かないが夏くらいから決まっていたのだ。








そして正月休みもろくに取れなかったので、仕事最終日の翌日の8日僕は改めて久々の実家の栃木に帰省したのである。



久々の栃木というのもあり、最近の仕事の疲れというかここ数年の仕事の疲れをどっと癒された。






やっぱ栃木は最高だな。



心地よすぎて気絶しちゃうぜ。















などとふざけて言っていたのですが、まじで気絶しちゃいました。はい。


















夜中トイレに行き用をたそうとした瞬間、急激な目まいと、立ちくらみがして














「ヤバい・・・」
















と思った瞬間、気を失ってしまったみたいなのです。























「ボタボタ・・・」








「ボタボタボタ・・・」







耳元でずっと変な音が鳴っていることに気付き僕は目が覚めた。





気付けばトイレの脇で倒れていたみたいだ。




何分倒れていたか分からないが、栃木の夜のなおかつトイレはとても寒いわけで、軽く震えていた。





倒れたときに手も打ったのだろうか。右手に少し痛みを感じた。






そしてまだそのときは自分が気絶したという事実は理解できていなかったわけだが、とりあえずわけもわからず寝ている状態を立て直そうと思い目を開いたとき、目の前が真っ赤なことに気付いた。







トイレの床が血の池になっていたのだ。













!?















一瞬本当にそんな間があったと思う。





「なにこの血・・・?」




と思い無意識に顔を触ったとき、一瞬で分かった。






大げさな表現かもしれないが、これマジなのです。





右頬の辺りから血がドクドク、ドクドク溢れ出てきているのです。



気絶して起きたとき僕が聞いた「ボトボトボト・・・」という音は頬から床に落ちる血の音だったのだ。







ちょっとこれはまずいと思いたまたま同じく実家に帰省していた姉を起こした。





夜中だったので眠い目をこすりながら迷惑そうに起きた姉に

「ちょっと訳が分からないんことになったんだけど!!」とその説明が一番訳分からないよと言いたくなるような簡潔すぎる説明をし、血が出ている部分を見せた。







その瞬間姉は「うわっ・・・!?」と思いっ切りドン引きしながら傷口から目を背けた。





その姉の反応を見て「え!?やめてくんねー・・・。その引いてる姿に引いてしまう・・・。」と思ってしまった。






そして僕は近くにあった鏡を見たわけだが、思わず納得してしまった。







こりゃ姉も寝起きに見せられたら引くは。






だって右頬の部分が骨近くまでバックリ切れていて、皮がびろーんとなってんだ。








僕も見た瞬間引いたし。















まいったね・・・。
















けれどもその後はオレはこんな状態でも病院嫌いということもあってダダこねていたのだが、姉の勧めもあり夜中の救急病棟に行った。




そしてやっぱり自然にくっつくわけなく、結局7針縫ったのである。









いや、でも本当に笑っちゃうくらい漫画のヤンキーみたいな、






「悪の象徴」みたいな頬の傷なのだ(-_-メ)







友達の皆に「はくがついたじゃん!!」と言われたが正直そんなものはいらないのである。












改めてまいったね・・。














お嫁にいけねー!!













そして病院から帰り、改めて現場のトイレに行ってみるとそこには血と思いっきり割れている花瓶の破片が転がっていた。




そのときようやく倒れたときなにがあったかがなんとなくわかった。







多分僕は真っ直ぐ棒のように前に倒れてしまい、たまたま窓のとこに置いてあった花瓶に顔から突っ込み割ってしまったのだと思う。





気を失っていたし痛みもなかったのだが、本当に恐怖な出来事である。





けれど本当に不幸中の幸いなのが、目を切らなくて良かったことである。



あと本当に1〜2センチの差だが目を切っていたら多分失明だろうし、そういった意味では運が良かったと思うのである。






けどあとあと気付いたのだが、もしかしたら去年の僕だったら失明していたかもなのだ!!



これまじで!!







何故かというと以前ブログでも書いたが僕は高校生のころから変わらなかった身長が何故か去年一年間で1センチ伸びたのだ!!



もし1センチ小さい去年の僕だったら目から確実にいっていたはず。




これは偶然ではなく、未来を予測した僕自身が目の怪我を回避するために身長を伸ばしたのでは・・・。







偶然ではなく必然・・・。







さすがMOJI・・・。







先日検診で病院に行ったとき医者にその奇跡の話をしたら、























「 (・。・) 」













と↑ポカーンとこんな顔された。







これだから医者は嫌になっちゃうぜ。













さてさて新年早々そんな頬に怪我を負って人相が悪くなった僕の2012。



もちろんさっそく動いてます。








もちろん次のステージも高く険しいですが、向上心持ってまだまだ頑張ります。








ではでは改めまして今年もよろしくお願いします。






コメント
怪我大丈夫ですか?
お仕事辞められたんですね
とうとう世界旅行に出発する決心されたんですか?
  • よっしー
  • 2012/01/23 8:52 PM
顔綺麗に治るといいね。
  • tama
  • 2012/01/23 11:51 PM
よっしーさん>
ありがとうございます。怪我はもう抜糸もすんだので大丈夫です。世界旅行はまだですね。行けたらいいっすね。
  • moji
  • 2012/01/27 3:40 PM
Tamaさん>
ありがとうございます。傷消えなかったらもう一度切って縫うかもです。そうすると少しは綺麗になるみたいです。
  • moji
  • 2012/01/27 3:42 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM